So-net無料ブログ作成
検索選択

ドストライク3 [飯山線]

 
 たまに思うことがある。



 バスじゃこんなこと思わないのに、どうして電車だとこう思うのだろうか・・・。




 一番大きな理由は「電車がない」ということだろうか。




 バスは毎日見かけるし、バス停も近所にあり、少ないながらも利用している人もいる。




 電車に乗ることは、前にも書いたかもしれないが、その行為自体が非日常的なことであり、自分にとっては当たり前ではないことなのだ。



 また、自分が育った環境もあるのかもしれない。




 小さいころから電車が好きであったが、「バスは?」というとそうでもなかったような気がする。




 それ以外は何かあるだろうかな。




 自らも認めているが、変わり者であることに間違いはないと思う。




 あまり今回みたいことでいろいろ思う人って多くはないだろうし、共感できる人も多くはないのではないかと思った。



 だけど、今回みたいな内容の特集を放映してもらったことで、自分みたいな考え方をしている人が少なからずいることが何よりもうれしかった。




 これが自分だけだったらと思うと・・・。



 
 まぁ、それはそれで自己満足でいいのかもしれないけど。




 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


 

一歩踏み出して、一人旅してみませんか?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドストライク2 [飯山線]


 昨日の続き。



 廃駅になる(なった?)駅には女子高生のほかに、女子高生が当時中学生の時(中学1年生)の担任の先生がカメラをもって撮影に来ていた。



 その先生もやはり廃駅になるということで、ここに駅があったことを残したいという思いもあって駅として列車が到着する間は思い出を残したいということで、撮影に訪れているとのことだった。




 また、あるところでは廃駅になったかつての駅を民宿として再利用する人もいるとのことだった。駅舎をそのまま活用して相部屋形式で民宿を始めるということだった。




 民宿名もそのまま駅名をつかっているんだそうな。





 こんな人もいるもんだなぁ・・・




 
 また、ある駅には80歳を過ぎたおばあちゃんが、一人で積雪のある駅舎から離れたトイレの除雪作業をしていた。



 明るく楽しそうに作業をしていたが、もともとは旦那さんと夫婦で駅の管理をされていただのだが、旦那さんが病気か何かで亡くなられてしまい、それからは一人で続けているのだそうな。




 その駅も廃駅になってしまうということで取材を受けていたが、やっぱりそのおばあさんも生き甲斐がなくなるので寂しいということをつぶやいていた。




 利用する側だけでなく、管理する側にもいろんな思いがあるんだということを改めて感じた。





 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


 

一歩踏み出して、一人旅してみませんか?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドストライク [飯山線]

 
 やばいっス。



 
 1年以上も開いてしまってとてもやばいっす;;





 しばらく旅もしてなければ、何も書けない自分がとてもやばいっス。




 たまたま、先日ある報道番組を見ていた時の事でした。



 先週末に開通しました北海道新幹線の光と影のような内容の特集をやっていました。




 光はもちろん北海道新幹線が開通して最速4時間2分で東京まで行けて、4十何年の悲願でとかいろいろやってました。


 影というのは、その一方でローカル線の利用者が減少していく中でいくつかの駅が廃駅になるということだった。その廃駅になる駅のひとつを取り上げて、その駅を利用していた一人の高校生を取り上げたものだった。


 
 その駅を利用しているのは高校生一人で朝の始発便で乗車をして、帰りの便にまた乗ってきているということで、それ以外の利用者はいないとのことだった。1日平均利用者が0.何人という、1日平均1人も利用していない駅が北海道内にはいくつもあり、今回のダイヤ改正に合わせていくつかの駅が廃駅になるということであった。




 もちろん、その駅には昔から利用者がいて、駅を造られた当時はとても繁栄もしていたのであろう。


 
 時が流れ、数十年後には利用者がいなくなってしまい、最後には廃駅も迎えるということはその当時はだれも想像できなかったことだろう。




 そんな特集内容だった。



 いろんな人のいろんな思いがその駅には残っていて、どういう思いで駅を利用していたのか、そんな思いを考えると感慨深くなってしまう。




 今回の内容はまさにドストライクな内容だった。




 あまりにドストライクすぎて終わった後には一人で涙してました。






 番組を見終わって真っ先に思ったのが「また旅がしたくなった。」だった。




 飯山線もローカル線で同じ境遇の駅もあるはずで、そんな思いを少しでも組んでもらって、感じてもらえるように何か手伝いができないかと思う。





 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


 にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


 

一歩踏み出して、一人旅してみませんか?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行